フィルムdeリフォーム[ガラス用フィルム]
 
<日照調整フィルム>

太陽光をコントロールする金属を真空蒸着した強靭なポリエステルフィルムと、強力で耐久性のある特殊接着剤の組み合わせが生んだ、高機能フィルムです。

空調コストを低減
ガラス開口部から入る日射のうち、室温を上昇させる熱線を最大75%カットして、冷房効効率を大きく改善します。
採光を調整、
照度ムラ改善
強い日射は室内に照度ムラを起こし、目を疲れやすくします。しかし窓をカーテンやブラインドで塞いでしまっては、ガラスの透過性や開放感が損なわれてしまいます。日照調整フィルムなら、透視性を保ちながら採光量を低減し、照度ムラを改善できます。
ペリメーターゾーンの
快適性向上
直射日光の入る窓際は、室内のコア部分より摂氏8〜12度も温度が高くなります。スコッチティントはガラスに貼るだけで熱線をカットして、ペリメーターゾーンの快適性を向上させます。
外観に統一感、
リニューアルにも
効果的
ファサードの美観を損なっているのは、不揃いな窓の表情です。スコッチティントなら日中の目隠し効果に加えて、豊富なカラーバリエーションで建物を美しく装い、スッキリと統一された外観に整えます。新築だけでなく、既築建物のリニューアルにも大変効果的です。
日中の目隠し効果
日中は室内からは外が見通せるのに、野外からは室内が見えにくくなります。
UVカット/褪色防止
紫外線(280nm〜380nm[ISO9050])の99%以上を遮断して商品や家具などの褪色を防ぎます。
ガラス飛散防止効果
ガラスが割れた場合に、破片の飛散を低減する効果があります。
<透明断熱フィルム>

可視光線を透過させて高い透明性を保ちながら、室温を上昇させる熱線は高効率で遮蔽します。紫外線も98%カットしますから、ガラスの透明性を活かしながら、紫外線対策と空調コスト低減を実現できます。

<飛散防止/超飛散防止フィルム>

強力な難破断性能を持つ透明なポリエステルフィルムと特殊粘着剤の組み合わせによって、ガラスが破壊した場合に、その破片の脱落・飛散を防ぎます。また、人体に有害な紫外線を99%カットします。

地震対策
1995年の阪神大震災では、ショーウィンドなどの大型ガラスや築15年以上の中低層ビルの窓ガラスが破壊し、破片が周囲に散乱しました。また地震に強いと言われている網入りガラスにも被害が見られました。飛散防止フィルムは、はめ殺し窓やトップライトをはじめ、あらゆるガラス開口部に機能する、透明な地震対策素材です。
人体衝突による
傷害の防止
エントランスや通行量の多い場所に面した開口部では、人体の衝突事故に備えた安全対策が求められます。<飛散防止フィルム>は米国建築用安全ガラス規格を十分に満足する性能を持ち、衝突の際にもガラスの飛散と人体の貫通による重大事故を防止します。
台風・突風・爆風
飛来物対策
突然の突風や飛来物によってガラスが破損しても、ガラスの飛散と飛来物の貫通を防止して、室内の人を怪我から守ります。アトリウムやトップライトの落下物・飛来物対策としても有効です。
強化ガラスの安全対策
階段や吹き抜けの回廊の手すりに使われることの多い強化ガラスは強度が高く、安全なガラスといわれていますが、外力が加わっていない状態で不意に破壊してしまうことがあります。飛散防止フィルムは2辺支持や自立手すりでも落下防止に効果があり、強化ガラスのさらなる安全化に用いられています。
耐久性を実証
住友スリーエム(株)では、実際の建築物に貼られたフィルムで耐久性を測定しています。その結果、施工10年後でも十分な飛散防止性能を発揮することが実証されています。
温度特性
<飛散防止フィルム>は、ガラスに貼付状態で火に近づけても炎を発生しません。
超飛散防止フィルムの
特性
<超飛散防止フィルム>は、従来の33倍もの引き裂き強度と強力な貫通防止性能を実現し、防災・防犯効果を飛躍的に高めました。極薄のポリエステルフィルムを積層した特殊基材なので、金属バットの衝撃くらいでは、大きな開口部を即座にあけることはできません。ガラス開口部の侵入防止・防犯対策のほか、地震や衝突事故の際のガラスの飛散・落下防止にも多大な効果があります。
侵入防止・防犯対策
貫通防止性能をアップした<超飛散防止フィルム>は、より確実なセキュリティを求められる金融機関や店舗で採用が広がっています。
本  社/〒981-1235 宮城県名取市名取が丘1-2-13
TEL022-383-9330 FAX022-383-9365
E-mail/info@aat.co.jp